キャピキシルとミノキシジルの違い

キャピキシルとミノキシジルのネーミングは似ていると思いませんか。実際に、効果についても似ているところがある、とされているのです。たとえば、男性型脱毛症に効果がある、とされているところなどがあります。

しかし、もちろん同じ成分ではありません。はっきりとした違いがあるのです。

今回はキャピキシルとミノキシジルの違いについてお話します。

効果の違いについて

・キャピキシル・・・毛母細胞の修復、5αリダクターゼの働きの阻害
・ミノキシジル・・・血行の促進作用、毛母細胞の活性化

似ているところがないわけではありません。毛母細胞に関しては双方ともに、効果が期待できます。しかし、効果の与え方に違いがあるのです。

キャピキシルに関しては、含まれているアミノ酸自体に毛母細胞を修復させる機能があるとされているのです。一方で、ミノキシジルに関しては血行促進作用があるので、毛母細胞に血液がしっかりと送られるようになり、その結果「活性化する」とされているのです。

一方で大きな違いとなっているのが、根本的な男性型脱毛症(AGA)に対する効果の違いです。ミノキシジルには、たしかに男性型脱毛症対策として利用できますが、根本原因にまでは対処できません。単に血行を促進して、元気な髪の毛を生やす、といった効果しかないのです。

キャピキシルに関しては、体の内部にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを弱めます。その5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合すると、男性型脱毛症が発症する原因の物質が生み出されてしまいます。

より根本的な男性型脱毛症対策をしたいのであれば、キャピキシルを利用すべきなのです。

副作用の違いについて

・キャピキシル・・・特に副作用はなし
・ミノキシジル・・・頭皮の肌荒れ、低血圧など

キャピキシルは極めて安全性が高い成分として知られています。いまのところ、キャピキシル入りの育毛剤を利用して何かしらの副作用が出てしまった、といた報告自体が上がってきていないのです。

ミノキシジルに関しては、多くの副作用報告があります。塗布型ミノキシジルに関しては、肌荒れが起きる確率が極めて高いとされています。飲むタイプのミノキシジルに関しては低血圧や動悸、そして息切れ報告も少なくありません。

安全性を考えると、キャピキシルの利用がおすすめなのです。