キャピキシルの能力|効果の内容とは?

キャピキシルに関しては、多くの育毛剤が導入をしており、今後も増えていくと考えられています。実際に多くの方が効果を感じている実績もあるのです。

今回は、よりキャピキシルを知るためにも、どのような効果が期待できるのか、といったことをお話します。キャピキシルの効果が自分にとって役立つものなのかを知りたい、といった方は必見です。

毛母細胞が復活する可能性あり

・アセチルテトラペプチド3の効果に注目

アセチルテトラペプチド3はアミノ酸によって構成されている成分ですが、細胞を修復させるような効果が高いことが分かっています。
薄毛になる原因の一つとして考えられているのが、毛母細胞が傷ついてしまっている、といったものです。修復されなければ、元気な髪の毛が生えてくるようなことはありません。そこでアセチルテトラペプチド3の力がどうしても必要になってくるのです。

アセチルテトラペプチド3には細胞の修復機能があり、毛母細胞が復活する可能性が少なからずあります。毛母細胞が通常の状態に戻れば、また元気な髪の毛が生えてくることもあるわけです。

男性型脱毛症(AGA)が改善する可能性あり

・ジヒドロテストステロンの分泌量が少なくなる可能性あり

ジヒドロテストステロンは、男性型脱毛症を発症させてしまう物質です。ジヒドロテストステロンは、酵素の5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合することによって生み出されてしまうのです。

キャピキシルに含まれているビオカニンAという成分には、5αリダクターゼの働きを抑制させるチカラがあることがわかっているのです。5αリダクターゼの働きが弱くなれば、テストステロンと結合しにくくなります。その結果、ジヒドロテストステロンが生み出される可能性が著しく低下します。

・髪の毛が産毛化してきている方におすすめ

男性型脱毛症は、髪の毛を補足したり短くしたりしてしまうような作用があります。要は、髪の毛が産毛化してしまうのです。

キャピキシルのビオカニンAがしっかりと効果を発揮すれば、産毛化の流れも止まるはずです。また、太い髪の毛が生えてくる可能性もあるわけです。

キャピキシルにはミノキシジルよりも育毛効果が高いって本当?

・本当です

ミノキシジルは血管を拡張するだけの作用しかありません。一方で、キャピキシルには、男性型脱毛症の原因今で影響を与えられる可能性があります。総合力では、キャピキシルのほうが上、と考えられるわけです。