最新育毛成分「キャピキシル」を構成する成分とは

近年、話題となっている育毛成分が「キャピキシル」です。キャピキシルはフィンジアやThe scalp5.0c、そしてDeeper3Dなどに含まれているのです。どれも非常に評価が高い育毛剤ばかりですが、問題はキャピキシルという成分の中身です。

ネーミングからすると科学的なイメージがありますよね。果たして、どのような成分から構成されているのでしょうか。

こちらでは、最新育毛成分であるキャピキシルはどのような成分から構成されているのか、といったことについて徹底解説します。

アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスによって出来ている成分である

・アセチルテトラペプチド3とは

あまり知られていない成分ですが、要はアミノ酸と思ってもらって間違いありません。4つのアミノ酸で構成されており、細胞の修復作用が極めて強いことがわかっているのです。

アミノ酸は一般的な成分であり、特に不良い副作用などをもたらしてしまうようなことはありません。安心して利用できる、といったメリットが有るのです。

アセチルテトラペプチド3に関しては、医学的にも注目されています。近年では再生医療が発展しているのですが、実際に再生医療にも使えるのではないか、といった研究が進んでいるのです。それだけ期待されており、効果も期待できる成分がキャピキシルを構成しているのです。

・アカツメクサ花エキスとは

アカツメクサの花のエキスを利用したものです。そもそも、アカツメクサの鼻のエキスには、ビオカ人Aといった成分が含まれています。その成分に育毛効果があるとされているのです。

ビオカニンA自体に、男性型脱毛症の根本原因といっても良い5αリダクターゼの働きを阻害する機能がある、とされています。男性型脱毛症が発症してしまっている方に、キャピキシルは高い効果を発揮してくれる可能性があります。

キャピキシルを作っている会社について

・LUCAS MEYER COSMETICS社

カナダにある化粧品会社です。
化粧品会社が作っている成分でもあるので発毛成分とはいえません。実際に、キャピキシルが含まれている育毛剤は、化粧品に分類されています。

しかし、効果が低いというのではありません。化粧品ではありますが、研究が進んでおり、育毛に高い効果が期待できることが分かっています。さらに、化粧品なので、リスクが少なく利用できる、といったメリットも有るのです。