最新育毛成分「キャピキシル」を構成する成分とは

近年、話題となっている育毛成分が「キャピキシル」です。キャピキシルはフィンジアやThe scalp5.0c、そしてDeeper3Dなどに含まれているのです。どれも非常に評価が高い育毛剤ばかりですが、問題はキャピキシルという成分の中身です。

ネーミングからすると科学的なイメージがありますよね。果たして、どのような成分から構成されているのでしょうか。

こちらでは、最新育毛成分であるキャピキシルはどのような成分から構成されているのか、といったことについて徹底解説します。

アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスによって出来ている成分である

・アセチルテトラペプチド3とは

あまり知られていない成分ですが、要はアミノ酸と思ってもらって間違いありません。4つのアミノ酸で構成されており、細胞の修復作用が極めて強いことがわかっているのです。

アミノ酸は一般的な成分であり、特に不良い副作用などをもたらしてしまうようなことはありません。安心して利用できる、といったメリットが有るのです。

アセチルテトラペプチド3に関しては、医学的にも注目されています。近年では再生医療が発展しているのですが、実際に再生医療にも使えるのではないか、といった研究が進んでいるのです。それだけ期待されており、効果も期待できる成分がキャピキシルを構成しているのです。

・アカツメクサ花エキスとは

アカツメクサの花のエキスを利用したものです。そもそも、アカツメクサの鼻のエキスには、ビオカ人Aといった成分が含まれています。その成分に育毛効果があるとされているのです。

ビオカニンA自体に、男性型脱毛症の根本原因といっても良い5αリダクターゼの働きを阻害する機能がある、とされています。男性型脱毛症が発症してしまっている方に、キャピキシルは高い効果を発揮してくれる可能性があります。

キャピキシルを作っている会社について

・LUCAS MEYER COSMETICS社

カナダにある化粧品会社です。
化粧品会社が作っている成分でもあるので発毛成分とはいえません。実際に、キャピキシルが含まれている育毛剤は、化粧品に分類されています。

しかし、効果が低いというのではありません。化粧品ではありますが、研究が進んでおり、育毛に高い効果が期待できることが分かっています。さらに、化粧品なので、リスクが少なく利用できる、といったメリットも有るのです。

キャピキシルの能力|効果の内容とは?

キャピキシルに関しては、多くの育毛剤が導入をしており、今後も増えていくと考えられています。実際に多くの方が効果を感じている実績もあるのです。

今回は、よりキャピキシルを知るためにも、どのような効果が期待できるのか、といったことをお話します。キャピキシルの効果が自分にとって役立つものなのかを知りたい、といった方は必見です。

毛母細胞が復活する可能性あり

・アセチルテトラペプチド3の効果に注目

アセチルテトラペプチド3はアミノ酸によって構成されている成分ですが、細胞を修復させるような効果が高いことが分かっています。
薄毛になる原因の一つとして考えられているのが、毛母細胞が傷ついてしまっている、といったものです。修復されなければ、元気な髪の毛が生えてくるようなことはありません。そこでアセチルテトラペプチド3の力がどうしても必要になってくるのです。

アセチルテトラペプチド3には細胞の修復機能があり、毛母細胞が復活する可能性が少なからずあります。毛母細胞が通常の状態に戻れば、また元気な髪の毛が生えてくることもあるわけです。

男性型脱毛症(AGA)が改善する可能性あり

・ジヒドロテストステロンの分泌量が少なくなる可能性あり

ジヒドロテストステロンは、男性型脱毛症を発症させてしまう物質です。ジヒドロテストステロンは、酵素の5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合することによって生み出されてしまうのです。

キャピキシルに含まれているビオカニンAという成分には、5αリダクターゼの働きを抑制させるチカラがあることがわかっているのです。5αリダクターゼの働きが弱くなれば、テストステロンと結合しにくくなります。その結果、ジヒドロテストステロンが生み出される可能性が著しく低下します。

・髪の毛が産毛化してきている方におすすめ

男性型脱毛症は、髪の毛を補足したり短くしたりしてしまうような作用があります。要は、髪の毛が産毛化してしまうのです。

キャピキシルのビオカニンAがしっかりと効果を発揮すれば、産毛化の流れも止まるはずです。また、太い髪の毛が生えてくる可能性もあるわけです。

キャピキシルにはミノキシジルよりも育毛効果が高いって本当?

・本当です

ミノキシジルは血管を拡張するだけの作用しかありません。一方で、キャピキシルには、男性型脱毛症の原因今で影響を与えられる可能性があります。総合力では、キャピキシルのほうが上、と考えられるわけです。

キャピキシルは安全なのか?副作用は?

キャピキシルには高い育毛効果があるとされています。高い育毛効果があるということは、大きな不安も抱えてしまうことになります。頭髪に大きな影響を与えるだけの能力を持っているということは、何かしらの副作用が起こるのではないか、と思ってしまうわけです。

今回は、キャピキシルと副作用の関係性について解説します。何かしらの問題点はあるのでしょうか。それとも安心・安全に利用できるものなのでしょうか。

基本的に副作用を心配する必要はない

・天然成分とアミノ酸によって出来ている物質である

なぜ医薬成分を含んでいる発毛剤は副作用が大きいのでしょうか。それは医薬効果がある成分だから、といったことがいえます。医薬成分は身体に対して大きな影響をあたえるものです。強い作用を与えることによって、医療行為が行えます。

そもそも、発毛剤で利用されているミノキシジルとフィナステリドといった成分は、発毛効果自体も副作用なのです。

ミノキシジルは血管を拡張する薬として開発されました。しかし、利用している方の頭髪が増える、といった副作用が見られたのです。

フィナステリドに関しても、前立腺肥大症を治療するために開発されました。利用者に、頭髪が増える現象が見られたので、発毛剤としての転用が行われるようになったわけです。

一方で、キャピキシルを見てみましょう。

・アセチルテトラペプチド3・・・アミノ酸の合成成分
・アカツメクサ花エキス・・・天然植物のエキス

特に発毛剤に含まれるような強い作用を体に与えるような心配はありません。自然な作用しか与えないので、頭皮を痛めてしまったり、体の内部に何かしらの問題を与えてしまったり、といったリスクは現状では考えられないのです。

実際に、発毛剤を利用して身体に問題が起ってしまった方に関しても、キャピキシル入りの育毛剤に切り替えたところ、副作用が全く出なかった、といった報告が多くされているほどです。

初期脱毛のリスクについて

・毛髪サイクルに影響を与えれば可能性はある

初期脱毛を副作用に入れるかどうかは、いろいろな意見があります。

初期脱毛を副作用と考えるのであれば、キャピキシルには副作用の可能性はある、という事になります。

キャピキシルは毛髪サイクルを正常化させる作用も期待できるので、一時的に抜け毛が増えてしまうことも考えられるのです。しかし、あくまで一時的なのでそれほど心配する必要はありません。

キャピキシルとミノキシジルの違い

キャピキシルとミノキシジルのネーミングは似ていると思いませんか。実際に、効果についても似ているところがある、とされているのです。たとえば、男性型脱毛症に効果がある、とされているところなどがあります。

しかし、もちろん同じ成分ではありません。はっきりとした違いがあるのです。

今回はキャピキシルとミノキシジルの違いについてお話します。

効果の違いについて

・キャピキシル・・・毛母細胞の修復、5αリダクターゼの働きの阻害
・ミノキシジル・・・血行の促進作用、毛母細胞の活性化

似ているところがないわけではありません。毛母細胞に関しては双方ともに、効果が期待できます。しかし、効果の与え方に違いがあるのです。

キャピキシルに関しては、含まれているアミノ酸自体に毛母細胞を修復させる機能があるとされているのです。一方で、ミノキシジルに関しては血行促進作用があるので、毛母細胞に血液がしっかりと送られるようになり、その結果「活性化する」とされているのです。

一方で大きな違いとなっているのが、根本的な男性型脱毛症(AGA)に対する効果の違いです。ミノキシジルには、たしかに男性型脱毛症対策として利用できますが、根本原因にまでは対処できません。単に血行を促進して、元気な髪の毛を生やす、といった効果しかないのです。

キャピキシルに関しては、体の内部にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを弱めます。その5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合すると、男性型脱毛症が発症する原因の物質が生み出されてしまいます。

より根本的な男性型脱毛症対策をしたいのであれば、キャピキシルを利用すべきなのです。

副作用の違いについて

・キャピキシル・・・特に副作用はなし
・ミノキシジル・・・頭皮の肌荒れ、低血圧など

キャピキシルは極めて安全性が高い成分として知られています。いまのところ、キャピキシル入りの育毛剤を利用して何かしらの副作用が出てしまった、といた報告自体が上がってきていないのです。

ミノキシジルに関しては、多くの副作用報告があります。塗布型ミノキシジルに関しては、肌荒れが起きる確率が極めて高いとされています。飲むタイプのミノキシジルに関しては低血圧や動悸、そして息切れ報告も少なくありません。

安全性を考えると、キャピキシルの利用がおすすめなのです。

キャピキシル配合育毛剤「フィンジア」を使ってみた感想



大人気育毛剤であるフィンジアを試してみました。キャピキシルが入っているとのことですが、どのような効果があったのか知りたかったのです。また、使用感についてもチェックしてみました。

育毛剤は実際に使ってみなければ見えてこない部分もたくさんあります。こちらでは、フィンジアを利用してみた管理人の感想を発表していきます。

あくまで個人的な感想なので、その点は考慮してもらって読み進めてもらえたら幸いです。

フィンジアの効果に関する感想

・爆発的な効果は期待できないが・・・

頭皮に塗布してすぐに高い効果が得られる、といった感じにはなりませんでした。ただ、これはマイナスポイントではありません。育毛剤ですし、医薬成分が含まれている発毛剤に関しても、急に高い効果が得られるとは限らないのです。

・頭皮環境が落ち着いてきた

私の頭皮ですが、以前ミノキシジル配合の発毛剤を利用していたところ、頭皮湿疹が高頻度で起こるようになってしまいました。もともとお肌があまり強くないようなのです。しかし、フィンジアを利用しても特に大きな変化は現れません。
かえって頭皮環境が良くなった、と感じるほどです。

・髪の毛にコシが出てきた

一時的に使用したので、2ヶ月程度の調査期間しか設けなかったのですが、髪の毛にコシが生まれ始めました。要は、髪の毛が太くなってきたように感じたのです。

髪の毛をセットしても、いままでは細いからかすぐに髪型が乱れてしまいました。しかし、フィンジアを使い始めてから髪の毛のセットがうまくいくようになったのです。地肌の見えにくくなり、かなり高い育毛効果を実感してます。2ヶ月の使用でそれだけの効果なので、継続して利用したら、もっと素晴らしい効果が得られそうです。

フィンジアの使用感に関する感想

・臭いはなし

フィンジアを利用していても、頭皮から臭い臭がする、といったことはありませんでした。そもそも、香料も含んでいないので、育毛剤を使っている、といったことをまわりに知られるようなことはないと思います。

・さっぱりとしている

塗布してもそれほどベタベタしている、といった感じはありません。しかも、頭皮に対する一定の清涼感があるのです。清涼感が強すぎると刺激が心配になってしまいますが、清涼感もそれほど強くありません。刺激も弱いと感じました。




>>フィンジアの公式サイトはこちらから

キャピキシル配合育毛剤「The scalp5.0c」を使ってみた感想



キャピキシル配合の育毛剤として広く知れ渡ってきているのが「The scalp5.0c」です。利用者も多くなっており、どの程度の効果があるのか、さらに使用感は良いのか、といったことが気になってきました。

今回は、「The scalp5.0c」を実際に使ってみた感想について発表します。あくまで個人的な意見なので、他の利用者の方とは違った感想になってしまうかもしれませんが、良い育毛剤を利用したい、と思っている方は必見です。

The scalp5.0cの効果に関する感想

・抜け毛が減りました!

The scalp5.0cの利用を開始してまず感じたのが、抜け毛の量が減った、といったものです。利用前は、枕に毎日10本近くの髪の毛が付いていたのですが、開始してから1週間くらいたったころに5本程度まで減りました。3週間たった頃には、1本から2本家抜けなくなりました。

シャンプーをしている時の抜け毛の本数は数えていないのでわかりませんが、実際に抜け毛の本数はかなり少なくなったと実感しています。

・産毛が生えてきた

管理人は前頭部の生え際が薄くなるタイプなのですが、そこを中心にThe scalp5.0cを浸かっていると、続々と細かい毛が生えてきたのです。その産毛がどこまで大きくなるのかはわかりませんが、かなり期待しています。いままでほとんど毛が生えていなかった場所に産毛とはいえ髪の毛が生えてきたので、良い兆候だと思っています。

・頭皮の痒みが減った

脂性肌であり、あまり頭皮環境は良いとはいえないのですが、お肌の痒みはだいぶ減ってきたと実感しています。The scalp5.0cには頭皮を守る成分も含まれているので、その効果が発揮されたのかもしれません。

The scalp5.0cの使用感に関する口コミについて

・薄毛の部位にピンポイントで利用できる

ノズルタイプの育毛剤なので、管理人と同じように局部的に薄くなっている方におすすめだと思います。全体的に薄くなっている方にはちょっと使いづらいかもしれません。スプレータイプのほうが、まんべんなく育毛剤が行き渡りますからね。

・無臭である

育毛剤としての臭いは殆ど感じませんでした、臭いが付いていないので、外出前に気軽に利用できる、といったメリットがある育毛剤だと思います。
まわりに臭いで育毛剤を使っていることがバレる、といったこともないはずです。

・さらさらしている

ベタベタして頭皮が気持ち悪い、といったこともありません。さらさらしているので、利用しやすかったです。




>>THE SCALP5.0の公式サイトはこちらから

キャピキシル配合育毛剤「Deeper3D」を使ってみた感想

キャピキシル配合の育毛剤として、ネットでも話題となっており、販売数も伸びているのがDeeper3Dです。実際に利用している方も多く、クチコミ数も増えています。しかし、自分で利用してどのような結果が得られるのかが気になってしまい、Deeper3Dを試してみました。

こちらではDeeper3Dを使ってどのような効果が得られたのか、どのような使用感だったのか、といったことをお話していきます。

※あくまで個人的な感想です。

Deeper3Dの効果に関する感想

・産毛状態の抜け毛が減った

男性型脱毛症が発症すると、産毛化した毛が多く抜けるようになります。私自身も、産毛化した毛が多く抜けている現状がありました。
しかし、Deeper3Dを利用してから10日ほどたってから状況が変化してきたのです。産毛状態の抜け毛が減り始めたのです。
もしかしたら毛髪サイクルが正常化してきたのかもしれません。

・頭皮が安定してきた

時々頭皮が痒くなったり、湿疹ができたり、といった状態を繰り返していましたが、かなり早い段階で頭皮環境が良くなってきました。3日くらいたってから、頭皮の痒みが減り、湿疹も少なくなり始めたのです。

2週間程度たってから頭皮を確認してみると、湿疹が一つもありません。頭皮環境を改善させる高い効果がある育毛剤だと思います。

・薄毛の改善には至らず

Deeper3Dを2ヶ月程度利用しましたが、薄毛の改善はしませんでした、たしかに抜け毛が減り、頭皮環境も良くなったのです。しかし、それ以上の効果を2ヶ月で得る、というのは少し難しかったのかもしれません。
もしかしたら3ヶ月から4ヶ月使ってみたら状況が変わってくるかもれないのですが、とりあえず調査は終了にしました。

Deeper3Dの使用感に関する感想

・スポイトを利用してピンポイント育毛が可能

Deeper3D蓮ポートで頭皮に塗布するタイプとなっています。薄くなっている部位に直接育毛剤を塗布できる、といったメリットを感じています。
全体的に薄くなっている方には、少し利用しづらいかもしれません。

・1回の利用量が把握できる

スポイトにはメモリが記載されています。0.5ミリリットルと1.0ミリリットルの目盛りがあるので、そちらを見て塗布していけば、毎回の利用量を守ることも可能です。

・ニオイあり

匂いがあると入っても嫌な匂いではありません。シークワーサーの臭いが付けられています。さわやかな感じの香りですね。

キャピキシル配合育毛剤「ボストンスカルプエッセンス」を使ってみた感想


キャピキシル配合スカルプエッセンス 「Growth Project. BOSTON スカルプエッセンス」

全額返金保証が付いているなど、育毛剤として高い評価を受けているのが「ボストンスカルプエッセンス」です。しかし、利用してみなければ効果がわからないとのことで、試しに利用してみました。

今回はボストンスカルプエッセンスを使ってみた感想について記載します。実際に管理人にはどのような効果があったのか、使い心地はどうだったのか、といったことをお話します。
ボストンスカルプエッセンスが気になっている、という方は必見です。

ボストンスカルプエッセンスを利用して得られた効果に関する感想

・髪の毛の伸びが早くなったかも

ボストンスカルプエッセンスにはキャピキシル、といった育毛成分が含まれています。其の成分が効いてくれたのかもしれませんが、髪の毛の伸びが早くなったような気がします。スムーズに髪の毛が伸びている感覚になりました。
今までは特に前頭部の髪の毛の伸びが遅かったのですが、側頭部や後頭部と同じようなスピードで伸びている間隔です。

・頭皮の状態が良くなった

ボストンスカルプエッセンスにはフラーレンといった成分が含まれています。フラーレンには、高い抗酸化力があるとされており、なんとビタミンCの抗酸化力の172倍もあるとされているのです。
その効果かもしれませんが、頭皮が安定しました。美肌興亜が高い育毛剤なのかもしれません。もともと、炎症が起こりやすかったのですが、利用している最中は炎症に悩まされることはありませんでした。

・抜け毛の量が少なくなってきた

クシで髪の毛をセットしていると、どうしても数本髪の毛が抜けている状態でした。しかし、ボストンスカルプエッセンスの利用を開始してから、抜け毛が減り始めたのです。髪の毛をセットしても、抜けるのは1本から2本です。いままでは10本近く抜ける時もあったのですが、抜け毛に関しては大きな変化を感じました。

ボストンスカルプエッセンスを利用した感想

・ピンポイントで育毛剤が塗布できる

スポイト式となっているので、ピンポイントでM字部分などに育毛剤を塗布することが出来ました。
ただちょっとしたデメリットも有りました。スポイトにメモリが付いていないので、どれくらい塗布したのかがはっきりとは分からないのです。感覚でつけていくことになるので、その点はマイナスだと思います。

・臭いについて

柑橘系の匂いはしますが嫌な感じではありません。さわやかな臭いです。


キャピキシル配合スカルプエッセンス 「Growth Project. BOSTON スカルプエッセンス」

>>ボストンスカルプエッセンスの公式サイトはこちらから

キャピキシル配合育毛剤「ボントレスローション」を使ってみた感想

キャピキシル配合の育毛剤は国内にあるだけではありません。海外でも販売されており、一説には海外のほうが効果は高いのではないか、といったことも言われているので、個人輸入代行サイトを利用して取り寄せてみました。

その海外製のキャピキシル配合の育毛剤ですが「ボントレローション」といいます。
果たしてどのような効果が出るのでしょうか。使用感はどうなのでしょうか。
海外製ということもありドキドキしながらの利用開始となりました。

ボントレローションを利用して得られた効果に関する感想

・お肌にちょっとした負担あり

肌荒れというわけではありませんが、ちょっとお肌に負担を感じました。利用していると、ちょっとした赤みを発生させてしまったのです。
ボントレローションですが調べてみると、プロピレングリコール、アルコール、パラベンなどを発見。頭皮に対して一定の作用を与えてしまう可能性のある成分なので、あまり育毛剤には含んでほしくないものです。国内系の育毛剤にはあまり含まれていないような成分も、やはり海外製ということもあり含んでしまっているようです。

・頭皮以外の副作用はなし

血圧に影響を与えてしまったり、性欲に影響を与えてしまったり、といったことは一切ありませんでした。体の内部にまではマイナスの作用をもたらしてしまうようなことはないようです。

・3ヶ月利用して特段変化なし

維持できていたので、効果ができている、と見ても良いかもしれません。しかし、私にはボントレローションの効果ははっきりとは見えてきませんでした。キャピキシル配合の育毛剤は評価が高いわけですが、物によって得られる効果がかなり変わってくる、といったことがこの育毛剤を利用して理解できた次第です。

ボントレローションの使用感に関する感想

・粘度がありベタつく

頭皮に塗ると気にプッシュして利用すると髪の毛についてしまいます。そうすると髪の毛がぱさぱさになってしまうのであまり使用感は良くありません。
もう少しサラサラの状態で利用できると良いのですが・・・。

粘度がある点は、すべての面でマイナスとはいえません。その場にとどまってくれやすいので、液だれの心配が少ないのです。

・色は無色透明である

育毛剤に色はつけられていません。透明なので、頭皮で育毛剤の色が目立ってしまう、といったリスクはないです。

キャピキシルには初期脱毛が発生するのか?

キャピキシルには副作用がない、といったことが言われています。確かに、アミノ酸の成分と植物のエキスが利用されているだけなので、キャピキシル単体に大きなリスクはない、と判断しても良さそうです。

一方で、キャピキシルについては「初期脱毛」が発生するのではないか、といった指摘もされているのです。初期脱毛とは、育毛剤を使ってからかなり早い段階で抜け毛の量が一時的に増える、といったものです。

今回は、キャピキシルと初期脱毛の関係に迫ります。本当に抜け毛が増えてしまうことがあるのでしょうか。

基本的に初期脱毛を心配する必要はない

・キャピキシルの作用は発毛剤とは違う

初期脱毛が発生してしまう確率が高いのは、発毛剤です。医薬発毛成分を利用すると、初期脱毛が発生する可能性がどうしても増えてしまうのです。

医薬成分に関しては、かなり強い作用を身体に対して与えます。要は、毛髪サイクルを強引に変えてしまうような機能を持っています。ミノキシジルに関しては、血管を合意に拡張して、毛母細胞に栄養を送りやすくなします。フィナステリドに関しては、男性型脱毛症を発生させている物質自体の生成を低減させる機能を持っているのです。
髪の毛に関する環境が急激に変改していくことになるので、一時的に髪の毛が大量に抜けてしまう、といったことも考えられるわけです。

一方で、キャピキシルはどうでしょうか。天然成分とアミノ酸が組み合わされています。確かに、高い育毛効果がある成分として走られていますが、髪の毛を作る作用をサポートする機能を持っているのだけです。サイクルに大きな影響をあたえるのではなく、ゆっくりと効果が積み重なっていく感覚になるので、髪の毛がいきなり大量に抜けてしまう、といったリスクはほとんどありません。

薄毛の方が初期脱毛を起こしてしまうと、心理的なダメージも大きいです。しばらくすれば新しい髪の毛が生えてくる、といったことが分かっていても良い気分はしませんよね。

キャピキシルにも初期脱毛を起こす可能性は僅かにある!

・初期脱毛を起こしても心配なし

キャピキシル入りの育毛剤で初期脱毛が起ってしまったとしても、しばらくすれば抜け毛量も落ち着きます。髪の毛も生えてくるはずなので、それほど心配する必要はないのです。

キャピキシルは頭皮に悪い影響をあたえることも考えにくいです。安心して利用できる育毛剤です。

キャピキシルと併用すべき育毛サプリメントの成分

キャピキシル入り育毛剤は高い効果があるとされていますが、さらに育毛効果を得たい、と思いませんか。育毛剤はあくまで頭皮の外から影響をあたえるものです。そこで注目して欲しいのが育毛サプリメントです。

育毛剤と育毛サプリメントを併用すれば、身体の中と外から相乗効果が得られるかもしれません。

こちらではキャピキシル配合の育毛剤と併用すべき育毛サプリメントの成分について紹介します。どのような成分を含んだ育毛座プリメントを利用すると、より高い育毛効果が得られることになるのでしょうか。

ノコギリヤシが含まれている育毛サプリメントを利用しよう

・男性型脱毛症(AGA)に陥っている方におすすめのサプリ成分

ノコギリヤシについては天然のプロペシアと呼ばれているのです。実は発毛剤のプロペシアと同じく、前立腺肥大症に効果があるとされていえる成分なのです。プロペシア配合の湯構成分であるフィナステリドと同じく、男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンの量を少なくできる成分とされています。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合することによって生まれてしまいます。ノコギリヤシに関しては、その5αリダクターゼ位の活性度合いを引き下げてくれます。要は、テストステロンとの結合を阻害できるのです。その結果、ジヒドロテストステロンが生み出されにくくなり、結果的に男性の薄毛が改善する、と考えられています。

キャピキシルにも男性型脱毛症対策はできるとされています。しかし、5αリダクターゼに関しても体内が関わっているので、いくらキャピキシルでも体の奥まで浸透していける量は限られています。だからこそ、ノコギリヤシを服用して、体内から男性型脱毛症対策を行うべきなのです。

ノコギリヤシとキャピキシルの併用に問題はないのか?

・副作用が出てしまう可能性は低い

相性の悪い成分同士ではないので、特に併用をしたからといって問題が大きく出てしまうこともありません。そもそも、双方ともに天然し得分を中心としています。身体に大きな影響を与えてしまうことは考えにくいので、長期的に併用しても大きな問題が出てくることはありません。

ただし、大量摂取をしてしまうとアレルギーなどの可能性も出てくるので注意しましょう。

キャピキシルの濃度はどの程度が良いのか?

キャピキシルが入っていればどんな育毛剤でもよい、と思っている方も多いのではありませんか。確かに、キャピキシルにはあの発毛成分のミノキシジルをしのぐ育毛効果があるとされています。発毛剤よりも良い効果が出てくるかもしれないのです。

しかし、どんなキャピキシル配合の育毛剤であっても良いわけではありません。中には、キャピキシル配合の育毛剤であったとしても、問題を抱えているものもあるのです。

こちらではキャピキシル配合の育毛剤を濃度から評価します。一体どの程度の濃度が含まれている育毛剤なら効果が期待できるのでしょうか。育毛剤選びをしている方は必見です。

低濃度のものでは効果が得られない可能性が高い!

・キャピキシルの濃度は5.0%がおすすめ

キャピキシル入りの育毛剤ですが、濃度については5.0%がもっともよいとされています。中には、1.0%や2.0%の濃度のものもあるのですが、濃度が低ければ、それだけキャピキシルとしての作用が弱まってしまうと考えられるのです。

たとえば、リアッピにはミノキシジルが配合されています。発売された当初は1.0%しかありませんでした。それが今では、リアップx5では5.0%配合されているのです。リアップの1.0%では効果が得られない方が続出したので、5.0%の販売も開始した、というわけです。
ちなみにミノキシジル系発毛剤ですが、海外では15.0%や16.0%配合のタイプも出ています。それだけ濃度に開きがあるということは、より高いほうが効果はある、ということの証明でもあります。ミノキシジルは医薬成分なので、副作用があるのです、その副作用があったとしても濃度が高いほうが良いとされている事実に注目しましょう。

キャピキシルに関しては、基本的に5.0%が最高濃度になります。ですから、5.0%と記載されている育毛剤であれば、キャピキシルの作用はしっかりと得られる、と考えられるわけです。

しかし、大きな問題があります。。キャピキシルの濃度が明記されていない育毛剤もあるのです。

濃度が明記されていないキャピキシル配合育毛剤はおすすめ?

・おすすめできない

濃度が明記されていないということは、濃度が極端に低い場合があります。わざと薄めて含めている可能性もあるので、オススメできません。

高濃度で含めているのであれば、明記して宣伝すれば良いのです。それをしないということは、濃度に問題がある、と考えて間違いありません。

キャピキシルとM-034|育毛効果の違い

新しいタイプの育毛成分として注目されているのが、キャピキシルです。しかし、注目されている新しいタイプの育毛成分はキャピキシルだけではありません。M-034といった成分もあります。

M-034に関しても、多くの育毛剤に入るような状況になってきており、今後も利用者がどんどん増えるのではないか、とされています。キャピキシルとM-034のどちらのほうが良いのだろう、と悩んでしまっている方も少なくありません。

こちらでは二つの新しい育毛成分の違いについて徹底解説します。どちらが入っている育毛剤のほうが高い効果が得られるのか知りたい、と思っている方は要チェックです。

育毛効果の違いについて

・キャピキシル・・・ミノキシジルよりも育毛効果があるとされる
・M-034・・・ミノキシジルと同等の育毛効果があるとされる

キャピキシルもM-034も、ミノキシジルとの比較が実施されているのです。双方の比較ですが、キャピキシルに関しては一説にはミノキシジルの育毛効果の3倍もある、とされています。一方で、M-034に関しては、ミノキシジルと同等である、といった表現にとどまっているのです。

もちろん育毛効果には個人差があるので、必ずしもキャピキシルのほうが効果はあるとはいえません。しかし、キャピキシルのほうが高い育毛効果があるのではないか、といったことが想定できるわけです。
医薬発毛成分のミノキシジルよりも効果が高い、とされている点はすごいとしか言いようがありません。

・男性型脱毛症対策効果について

双方ともあると考えられます。ミノキシジル自体が、男性型脱毛症に効果があるとされているからです。

しかし、M-034に関してはその男性型脱毛症に対する効果がそれほど高くない、と考えられています。ジヒドロテストステロンに大きな影響を与えないと考えられているからです。
一方で、キャピキシルに関しては高い効果が期待できます。配合されているビオカニンAといった成分にジヒドロテストステロンの生成量を少なくする作用がある、とされているのです。

副作用について

・双方ともに副作用にはそれほど心配なし

基本的に天然成分を利用しているので、何かしらの副作用が出てしまう、といった可能性はかなり低くなっています。頭皮環境を悪化させてしまったり、内臓に影響を与えてしまったり、といったことも考えにくいのです。

キャピキシルとバイオポリリン酸|育毛効果の違い

キャピキシルは最新育毛成分として発表されるケースが多いです。幾つかの育毛剤にも含まれ始めており、実際に高い効果をあげています。
一方で、新しいタイプの育毛剤として注目されているもう一つが「バイオポリリン酸」です。しかし、それほど知名度は上がってきていません。その理由として特許成分であるからです。ちなみにポリキュアEXという育毛剤にしか含まれていません。独自開発の独自成分なのです。

今回はキャピキシルとイオポリリン酸の違いを、育毛効果を中心として発表します。どちらのほうが高い効果が期待できるのでしょうか。安全性についても併せて記載します。

キャピキシルとバイオポリリン酸|どちらのほうが高い効果が得られるのか?

・キャピキシルのほうが高い育毛効果あり

個人差があることなので、必ずしもバイオポリリン酸のほうが育毛効果は弱いとはいえません。しかし、キャピキシルに関しては、毛母細胞を活性化したり、男性型脱毛症を改善したり、といった効果まで期待できるのです。どちらかと言えば総合的な育毛効果がある成分です。薄毛の原因が様々に絡み合っている方であったとしても効果が得られる可能性があります。

バイオポリリン酸に関しては総合的な育毛効果は期待できません。実は、認められている効果としては保湿機能しかないのです。確かに、頭皮にとっては保湿されていることが極めて重要です。乾燥していれば頭皮環境が悪化して、健康的な髪の毛が生えてこないかもしれません。
しかし、薄毛の原因は乾燥だけではありません。乾燥肌以外の薄毛の原因にはバイオポリリン酸は対応できないのです。ですから、バイオポリリン酸単体では育毛は難しい、と考えられています。特に男性の場合は、男性型脱毛症に対処できる成分が含まれていなければ、薄毛の根本解決は望めません。

安全性の違いに注目

・どちらにも高い安全性あり

特に副作用報告があるわけではありません。キャピキシルに関しては、アミノ酸と植物エキスを浸かっているにすぎないので、高いリスクが存在するわけがないのです。
バイオポリリン酸に関しても高いリスクはありません。そもそも、保湿機能がある成分なので、頭皮環境の改善まで狙えるわけです。副作用が発生する確率を下げる効果まで期待できます。

キャピキシルとジフェンヒドラミンHC|育毛効果の違い

最新育毛成分であるキャピキシルとともに話題なっているのが、ジフェンヒドラミンHCです。育毛剤の有効成分としてジフェンヒドラミンHCがあるわけですが、キャピキシルと比較すると、どちらのほうが育毛効果は高いのでしょうか。

こちらではキャピキシルとジフェンヒドラミンHCの比較を実施します。成分にこだわった育毛剤選びを実施したい、と思っている方は必見です。

キャピキシルとジフェンヒドラミンを比較|どちらのほうが育毛効果が高いのか?

・キャピキシルの効果・・・毛母細胞活性化、男性型脱毛症の改善
・ジフェンヒドラミンHCの効果・・・抗炎症効果、抗アレルギー効果

キャピキシルとジフェンヒドラミンHCに関しては育毛効果の内容に大きな違いがある、と言っても過言ではありません。

キャピキシルに関しては、薄毛の原因である体の内部に大きな作用をもたらしてくれます。一方で、ジフェンヒドラミンHCに関しては、体の外側。いわゆる、お肌に対する機能を持っているのです。

育毛効果といったことを考えると、キャピキシルのほうがある、と考えて問題ありません。しかし、ジフェンヒドラミンHCの効果も重要なのです。二つの成分はなるべく併用したほうが良い、と考えられています。ジフェンヒドラミンHCでお肌の状態を良くし、その上でキャピキシルによって薄毛の根本原因に対処していくわけです。

頭皮環境が良くなれば、キャピキシルの効果もより得やすくなります。単位キャピキシルだけを利用して薄毛を改善させるよりも、他の成分との相乗効果を狙う、といったことが重要なのです。

キャピキシルとジフェンヒドラミンHCの危険性を比較

・ジフェンヒドラミンHCの危険性を比較には眠気の副作用あり

ジフェンヒドラミンHCを飲むようなことがあると、眠気が出てしまうことがあります。運転前などに利用するのは危険、とされているのです。ただし、育毛剤として利用する分には、特に心配する必要はありません。塗布する程度では、眠気が出るほどの副作用が出てくることはないのです。

基本的にキャピキシルもジフェンヒドラミンHCも安全性は高い成分と判断できます。日常的に二つの成分が入った育毛剤を利用したとしても、身体に負担をかけてしまうようなことは考えられません。

キャピキシル育毛剤ランキング1位「フィンジア」の特徴

育毛効果が極めて高いとされているキャピキシルですが、そのキャピキシルが含まれている育毛剤の中で人気ナンバーワンとなっているのが「フィンジア」です。

今回は、そのフィンジアはどのような特徴を持った育毛剤であるのか、といったことについてお話します。実は素晴らしい特徴を持っている育毛剤なのです。人気ナンバーワンになっている理由を探っていきましょう。

有効成分が高配合されている

・キャピキシル・・・5.0%配合
・ピディオキシジル・・・2.0%配合

最新育毛成分であるキャピキシルとピディオキシジルが二つとも最高濃度で含まれているのです。最も効果が発揮されやすい状態になっている育毛剤、といったこともいえます。

二つの有効成分が高濃度で含まれていることによって、薄毛の原因を抑えてくれます。さらに髪の毛が生えやすい環境を整えてくれる、といったことも期待できるのです。

ピディオキシジルについてはあまり知られていないかも知れませんが、ミンキシジル誘導体とも言われています。ミノキシジルと同じような効果を持っており、しかも副作用の心配が殆どない、とされているのです。

浸透力をアップさせてくれる成分あり

・カプサイシンが含有している

どんなに素晴らしい成分を含んだ育毛剤であったとしても、頭皮の奥に浸透していかなければ意味がありません。そこでフィンジアはカプサイシンを含んでいるのです。

カプサイシンとは唐辛子の辛味の成分です。その辛味の成分があることで、頭皮の毛穴が開きます。そうすると毛穴の奥まで育毛剤が浸透するようになるのです。キャピキシルモピディオキシジルも、より頭皮に奥まで浸透するようになり、結果的に高い育毛効果が期待できるわけです。

ちなみにキャピキシルを含んでいる育毛剤の中で、カプサイシンを含んでいるのはフィンジアだけです。そもそもカプサイシン自体にも血行を良くする、といった育毛効果があります。非常に有能な成分なので、それに目をつけた育毛剤を使ってみませんか。

キャピキシルの価格は?

・都度購入価格・・・12,800円(送料640円)
・定期購入価格・・・9,980円(送料無料)
※税込価格

都度購入をするよりも、定期購入をしたほうが安価で利用できます。ただ、定期購入をしても10,000円程度はしてしまうので、それなりの出費は覚悟しなければなりません。

ただ、商品を受け取ってから30日以内であれば全額返金保証が利用できます。

フィンジアの本当の効果を口コミから探る

フィンジアはキャピキシル配合の育毛剤の中でも非常に高い人気を誇ります。実際に利用者も多くなっており、効果についてもよく分かってきました。
今回は、そんなフィンジアを利用した方の意見を集めてみました。実際に効果はあるのでしょうか。それとも思ったような結果が得られないのでしょうか。

プラス評価の口コミだけではなく、マイナス評価の口コミについても掲載するので参考にして下さい。

フィンジアの口コミ|プラス評価について

・抜け毛が多かったのがだいぶ落ち着きました。しかも、巻マリ早い段階で落ち着いてきたのでびっくりです。最近では、一時よりも抜け毛量が半分程度になってきました。髪の毛も全体的に増えてきたような印象もあります。もう少し利用して、どれほど効果が出るのか確かめてみます。(40代前半・男性)
・今まで薄毛に悩みすぎて防止で隠していました。女でありながら薄毛というのは本当にきついことなのです。まわりにも相談できませんし、ウィッグはバレてしまいそうで・・・。フィンジアは女性でも利用できるとのことで利用した見ました。髪の毛のコシが回復してきて、最近では帽子がいらない状態まで回復したのです。ここまで効果があるとは自分でも驚き!(50代前半・女性)
・頭頂部のつむじあたりの薄毛が特にひどかった。フィンジアをその周辺に重点的に塗布して利用していたら、1ヶ月位で産毛が生え始め、3ヶ月たった頃には黒い毛でつむじ周辺が埋まりだした。ここまで効果があると予測もしていなかった。嬉しい誤算。(60代なかば・男性)
・頭皮環境が改善しました。キャピキシルにはそれほど頭皮環境を良くするような作用はないと思っていたのですが、そんなことはないようです。湿疹が多かった私の頭皮から湿疹がなくなりました。(20代後半・男性)

フィンジアの口コミ|マイナス評価について

・使用感は悪くありませんね。ただ、これといって大きな効果はなかったです。髪の毛が生えてくるような効果を期待したのですが、発毛効果は実感できませんでした。高い育毛剤なので聞いて欲しかったなぁ・・・。(30代前半・男性)
・前頭部の薄毛の回復のためにフィンジアを導入。しかし、M字部分に大きな変化がみられません。思ったような効果が得られなかったので、2ヶ月位使用してやめてしまいました。(40代なかば・男性)

キャピキシル育毛剤ランキング2位「The scalp5.0c」の特徴

キャピキシル配合の育毛剤としてフィンジアに次いで人気が高いのが「The scalp5.0c」です。5.0というのは、キャピキシルの濃度を指しています。5.0パーセンっという高濃度で育毛成分を含んでいるわけです。

こちらでは、The scalp5.0c(ザスカルプ5.0c)にどのような効果が実際にあるのか、といったことについて徹底解説します。

圧倒的な浸透力を確保!

・育毛剤は浸透しなければ意味が無い

どんな育毛有効成分であったとしても、頭皮の奥まで浸透しなければ意味がありません。頭皮の肌だけに影響を与えているだけでは、育毛効果は実感できないのです。

The scalp5.0cは、育毛剤のナノ化に成功しています。要は、育毛剤を極小サイズの粒子にしているのです。毛穴よりも圧倒的に小さくなっているので、育毛剤が毛穴の奥まで届くようになります。その結果、お肌の奥の部分でキャピキシルを始めとした育毛成分の効果が発揮されやすくなります。

ちなみに毛穴の25,000分の1のサイズにしています。これでもか、と育毛剤が毛穴の中に入っていく感覚になります。

キャピキシルだけじゃない!全部で41成分配合!!

・発酵熟成プラセンタ入り

プラセンタには様々な機能があるとされています。美肌機能もあるとされており、美容系の化粧品にも多く含まれているのです。しかも、The scalp5.0cに含まれているのは発酵タイプです。通常のプラセンタと比較すると、何倍も効き目があるとされています。

プラセンタには髪の毛の成長を促進させる効果もあるとされています。髪の毛の伸びるスピードが落ちてきている、といった方にも高い効果が期待できるわけです。

・グリチルリチン酸2K含有

グリチルリチン酸2kには、保湿機能があります。頭皮が乾燥していると育毛効果が発揮されない状態になりかねません。頭皮の潤いを確保するためにも非常に重要な成分なのです。

・センブリエキス配合

センブリにはh室作用と血行促進作用があります。頭皮環境を守りつつ、頭皮や髪の毛に栄養を送りやすくするような効果が期待できるのです。

・オクタペプチド-2

最新の研究で育毛効果について期待され始めています。頭皮環境を整える作用があるとされており、肌荒れが起きている方におすすめの成分です。

・オリゴペプチド-41

頭皮環境を整える作用があり、毛髪についても良い働きをしてくれると評判になっている成分です。

The scalp5.0cの価格とは

・通常購入・・・15,000円(送料540円)
・定期購入・・・初回4,980円(送料無料)、2回目以降は10,000円

通常購入はかなり高いですが、定期購入の初回は5,000円未満で利用可能です。定期コースは最低2回の利用が必要ですが、その後は自由に解約できます。

The scalp5.0cの本当の効果を口コミから探る

キャピキシル配合で人気の高い育毛剤であるThe scalp5.0cですが、値段は安くはありません。通常購入で15,000円もしてしまいます。定期購入であれば、初回は4,980円で利用できますが、2回目以降は10,000円かかります。それなりの値段がかかるので失敗はしたくありません。

今回は、The scalp5.0cに本当に効果があるのか、といった点について口コミから探りを入れてみます。利用した方はどういった状態になったのでしょうか。効果はあったのでしょうか。なかったのでしょうか。

The scalp5.0cのプラス評価の口コミ

・ベタつきや臭いもないので安心して利用できました。外出前の塗布も問題ありません。頭髪への変化ですが、髪の毛1本1本が強くなった気がします。コシが出てきた、というのでしょうか。髪の毛が太くなった印象で、髪の毛のセットがしやすくなる感覚です。ボリュームも出てきたような気がしてます。今のところ、3ヶ月利用してその状態なので、もう少し継続してみようと思います。(30代前半・男性)
・頭頂部ハゲに長年悩んでいました。なんとかして髪の毛を立てて頭頂部の薄毛が目立たないようにしていたのですが、最近ではそれも限界に来ていました。そこで利用したのがザスカルプ5.0cです。頭頂部を中心に、育毛マッサージをしながら塗っていたのですが、2ヶ月たったころに産毛が生えてきました。良い傾向です!もう少し利用を続けて、さらに効果が出てくれるといいな~。(40代前半・男性)
・頭皮の乾燥が悩みでした。その乾燥が原因で薄毛になっていると思ったのです。保湿成分も含まれているとのことで、ザスカルプ5.0cを利用してみました。頭皮はすぐにうるおいを取り戻してくれました。乾燥のおかげで痒みがでていたのですが、それも全くなくなったのです。こんなに大きな変化があるとは自分でもびっくりデスよ。潤いが戻ったので、あとは髪の毛が戻るのを待ちたいところです。(40代後半・男性)

The scalp5.0cのマイナス評価の口コミ

・臭いもありませんしサラサラしているので、利用はしやすいと思ったのですが、髪の毛についてしまうとパリパリの状態になってしまいます。髪の毛のセットがしづらくなってしまうので、髪の毛につかないように塗布しなければなりません。(30代後半・男性)
・全く変化がありません。薄いままですし、抜け毛の本数も変化ありませんね。高い育毛剤なのに効果がないのはがっかりです。(20代なかば・男性)

キャピキシル育毛剤ランキング3位「Depper3D」の特徴

ネットでも評判になっているキャピキシル配合育毛剤の一つがDepper3Dです。ちなみにDepper3Dはキャピキシルを配合したスカルプエッセンスのパイオニアとしても知られています。歴史がある育毛剤、といっても良いかもしれません。

こちらではDepper3Dの育毛剤としての特徴について徹底調査してみました。どんな成分が入っており、どんな効果が期待できるのでしょうか。

Depper3Dに含まれている注目成分

・キャピキシル配合

5.0%の高濃度で含まれています。キャピキシルの最高濃度となっているので、非常に大きな育毛効果が期待できるのです。
毛母細胞を活性化させたり、男性型脱毛症を改善したり、といった効果も期待できます。副作用についても報告がないので、高濃度で含まれていたとしても大きな心配はありません。

・リデンシル配合

Depper3Dの最も大きな特徴がリデンシルを配合している、といったところです。他の育毛剤では見受けられない成分ですが、5.0%と高濃度で含まれています。

・セイヨウアカマツ球果エキス
・チャ葉エキス
・グリシン
・ピロ亜硫酸Na
・塩化亜鉛

上記の成分で構成されている成分です。世界最大級の化粧品原料・技術の展示会で銀賞を獲得しており、いま注目されている育毛成分なのです。

キャピキシルとリデンシルは相性が良いとも言われており、相乗効果が得られる可能性もあります。

・8種類の成長因子を配合

プラセンタエキス(馬プラセンタ)
ヒトオリゴペプチド-5(KGF/FGF-7)
合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31(IGF)
水溶性プロテオグリカン
オクタペプチド-2 (プロヘアリンβ4)
アセチルデカペプチド-3(リジュリン)
ヒトオリゴペプチド-13(FGF-1)
加水分解アナツバメ巣エキス(燕の巣)(シアル酸)

成長因子には様々な機能があります。大きな効果としては髪の毛を生えやすくする、といったものがあります。頭皮環境を改善させる機能もあるなど、近年育毛剤に多く含まれ始めているのです。
その成長因子が8種類も含まれているのがDepper3Dのメリットでもあります。

Depper3Dの価格とは

・通常価格・・・14,100円
・3本セット・・・37,860円(1本あたり12,620円)
・6本セット・・・62,370円(1本あたり10,395円)

都度購入するとかなりの金額になってしまいます。セット購入に関しても10,000円を超えてくるなど、育毛剤としては高級な部類に入ります。
育毛剤は継続利用が必須なので、お財布と相談して利用するか判断して下さい。

Deeper3Dの本当の効果を口コミから探る

高額な育毛剤としても知られているDeeper3Dですが、値段が高いというデメリットが有ります。しかし、値段が高いということは高い効果も得られるのではないか、といったことも思いますよね。
こちらではDeeper3Dの口コミを集めてみました。果たして高い効果は得られるのでしょうか。それとも値段ほどの効果は得られないのでしょうか。

Depeer3Dのプラス評価の口コミ

・スポイトにメモリが入っているので、確実に利用したい量だけを頭皮に塗れました。また、スポイトでの塗布なので、塗りたい場所に塗ることができる、といった部分も大きなプラスだと思います。(30代前半・男性)
・利用しても副作用が出ないのが本当に嬉しい。前にミノキシジルタブレットを利用して動悸の副作用が出たので、現在はDepper3Dに乗り換えました。特に副作用もなく安心して利用できています。頭皮トラブルも全くありません。頭皮に大きな影響を与えない、というのは嬉しいですね。(30代後半・男性)
・髪の毛が生えてきました。前頭部と頭頂部が薄かったのですが、今のところ効いているのは頭頂部です。つむじ周辺お髪の毛が沢山生えてきました。まだ細いのですが、少しでも太くなってくれるように願っています。もう少し経ったら前頭部も生えてくるかなぁ・・・。(40代なかば・男性)
・友人から「髪の毛がちょっと増えたんじゃない?」なんて指摘を受けるようになっちゃいました。自分でもボリュームが増えてきたと思うので、思ったような効果が得られている感じです。もう少し利用して、Depper3Dの実力を確かめてみます!(40代前半・男性)
・Depper3Dを利用して最も大きく変化したのがシャンプー時の抜け毛。今までは40本から50本、いやそれ以上は確実に抜けていました。しかし、シャンプー時にも髪の毛が抜けにくくなってきたのです。排水口に髪の毛が詰まりにくくなってきたので、高い育毛効果を実感している次第です。(30代なかば・男性)

Deeper3Dのマイナス評価の口コミ

・ちょっと高いと思います。セット購入には不安もあるので、なかなか手が伸びません。通常購入をしてみましたが、高いので継続利用しようか、現在悩み中です。(30代後半・女性)
・最初は抜け毛が減ったかな、と思ったのですが、それ以降は変化がありません。薄毛の部分も薄くなったままなので、私には合わなかったみたいです。(20代後半・男性)