キャピキシルとバイオポリリン酸|育毛効果の違い

キャピキシルは最新育毛成分として発表されるケースが多いです。幾つかの育毛剤にも含まれ始めており、実際に高い効果をあげています。
一方で、新しいタイプの育毛剤として注目されているもう一つが「バイオポリリン酸」です。しかし、それほど知名度は上がってきていません。その理由として特許成分であるからです。ちなみにポリキュアEXという育毛剤にしか含まれていません。独自開発の独自成分なのです。

今回はキャピキシルとイオポリリン酸の違いを、育毛効果を中心として発表します。どちらのほうが高い効果が期待できるのでしょうか。安全性についても併せて記載します。

キャピキシルとバイオポリリン酸|どちらのほうが高い効果が得られるのか?

・キャピキシルのほうが高い育毛効果あり

個人差があることなので、必ずしもバイオポリリン酸のほうが育毛効果は弱いとはいえません。しかし、キャピキシルに関しては、毛母細胞を活性化したり、男性型脱毛症を改善したり、といった効果まで期待できるのです。どちらかと言えば総合的な育毛効果がある成分です。薄毛の原因が様々に絡み合っている方であったとしても効果が得られる可能性があります。

バイオポリリン酸に関しては総合的な育毛効果は期待できません。実は、認められている効果としては保湿機能しかないのです。確かに、頭皮にとっては保湿されていることが極めて重要です。乾燥していれば頭皮環境が悪化して、健康的な髪の毛が生えてこないかもしれません。
しかし、薄毛の原因は乾燥だけではありません。乾燥肌以外の薄毛の原因にはバイオポリリン酸は対応できないのです。ですから、バイオポリリン酸単体では育毛は難しい、と考えられています。特に男性の場合は、男性型脱毛症に対処できる成分が含まれていなければ、薄毛の根本解決は望めません。

安全性の違いに注目

・どちらにも高い安全性あり

特に副作用報告があるわけではありません。キャピキシルに関しては、アミノ酸と植物エキスを浸かっているにすぎないので、高いリスクが存在するわけがないのです。
バイオポリリン酸に関しても高いリスクはありません。そもそも、保湿機能がある成分なので、頭皮環境の改善まで狙えるわけです。副作用が発生する確率を下げる効果まで期待できます。