キャピキシルには初期脱毛が発生するのか?

キャピキシルには副作用がない、といったことが言われています。確かに、アミノ酸の成分と植物のエキスが利用されているだけなので、キャピキシル単体に大きなリスクはない、と判断しても良さそうです。

一方で、キャピキシルについては「初期脱毛」が発生するのではないか、といった指摘もされているのです。初期脱毛とは、育毛剤を使ってからかなり早い段階で抜け毛の量が一時的に増える、といったものです。

今回は、キャピキシルと初期脱毛の関係に迫ります。本当に抜け毛が増えてしまうことがあるのでしょうか。

基本的に初期脱毛を心配する必要はない

・キャピキシルの作用は発毛剤とは違う

初期脱毛が発生してしまう確率が高いのは、発毛剤です。医薬発毛成分を利用すると、初期脱毛が発生する可能性がどうしても増えてしまうのです。

医薬成分に関しては、かなり強い作用を身体に対して与えます。要は、毛髪サイクルを強引に変えてしまうような機能を持っています。ミノキシジルに関しては、血管を合意に拡張して、毛母細胞に栄養を送りやすくなします。フィナステリドに関しては、男性型脱毛症を発生させている物質自体の生成を低減させる機能を持っているのです。
髪の毛に関する環境が急激に変改していくことになるので、一時的に髪の毛が大量に抜けてしまう、といったことも考えられるわけです。

一方で、キャピキシルはどうでしょうか。天然成分とアミノ酸が組み合わされています。確かに、高い育毛効果がある成分として走られていますが、髪の毛を作る作用をサポートする機能を持っているのだけです。サイクルに大きな影響をあたえるのではなく、ゆっくりと効果が積み重なっていく感覚になるので、髪の毛がいきなり大量に抜けてしまう、といったリスクはほとんどありません。

薄毛の方が初期脱毛を起こしてしまうと、心理的なダメージも大きいです。しばらくすれば新しい髪の毛が生えてくる、といったことが分かっていても良い気分はしませんよね。

キャピキシルにも初期脱毛を起こす可能性は僅かにある!

・初期脱毛を起こしても心配なし

キャピキシル入りの育毛剤で初期脱毛が起ってしまったとしても、しばらくすれば抜け毛量も落ち着きます。髪の毛も生えてくるはずなので、それほど心配する必要はないのです。

キャピキシルは頭皮に悪い影響をあたえることも考えにくいです。安心して利用できる育毛剤です。